地方銀行で資産を増やす

積立定期預金と定期預金の違い

 

 

積立定期預金で確実に貯めよう

積立定期預金と定期預金の違い

積立定期預金や定期預金という言葉は、貯蓄を考えている人なら聞いた事があるでしょう。言葉は何となく似ている積立定期預金と定期預金ですが、その性質や仕組みには大きな相違点があります。効率よくお金を貯めたいと考えているのであれば、違いをよく理解しておくことが大切です。


まず、預入方法について比較してみましょう。通常の定期預金は、元金を一括して払い込みますが、積立定期預金は毎月普通預金口座から一定額を振替えて、それを積み立ててまとまった金額を貯めていきます。そして定期預金は、預入金額と預入期間とに応じて一括して払込する時に金利が決定しますが、積立定期預金は毎月の払込時点で各々金利が決定していきます。


預入期間についても、定期預金は事前に預入期間を決めて払込をしますが、積立定期預金の積み立て期間は任意の期間となっています。そしてボーナス月などには増額して積み立てる事もできます。積立定期預金の契約期間は、積み立て期間とその後の据え置き期間を合わせた期間で、据え置き期間が終了した日が満期日となります。


解約についてですが、定期預金は原則解約できず、やむを得ず中途解約する場合には最初に決まった利率よりかなり低くなってしまいますが、積立定期預金は解約も可能ですし、解約せずに積立金の一部引き出しをすることもできます。


次に、利用の仕方についての違いを見てみましょう。定期預金は、今現在すぐ使う事のない資金や、まとまったお金を預けて資産運用する商品という側面があります。積立定期預金は将来の予定と目標額を決めて満期日を設定し、それに向かってコツコツと貯めていく商品だと言えるでしょう。


例えば結婚資金や旅行資金、マイホーム資金など、お金が必要な時期がおおよそ分かっている場合には、積立定期預金は非常に有効な貯蓄法となります。勤務先に財形貯蓄制度がない方でも、積立定期預金を利用すれば指定日に自動積み立され、効率よく貯金する事ができます。


更に積立定期預金では、指定したまとめ日に積み立てたお金を一つにまとめて定期預金として運用できるサービスもあります。まさに貯めるための金融商品と言えるでしょう。これから貯蓄を始めたい、という人には積立定期預金はかなりおすすめの貯蓄方法です。


積立定期預金は銀行や信用金庫などの金融機関や、一部のネット銀行で取り扱いがありますが、商品内容は各金融機関によって大きく異なります。商品概要説明書などをしっかりチェックして、ご自分の目標や目的に合う積立定期預金を探し出してみて下さい。

 

福井銀行を知ろう

福井銀行の魅力的な商品

福井銀行の営業範囲

福井銀行のインターネットバンキング

福井銀行の主力ローン

福井銀行のオリジナルサービス

福井銀行とは

地域と福井銀行



中国銀行を知ろう

中国銀行とは

中国銀行を利用できる場所

中国銀行のインターネットバンキング

中国銀行で便利なクレジットカードを持とう

貯蓄を始めるなら中国銀行で

中国銀行の便利なサービス

地域を守る中国銀行の活動



積立定期預金で確実に貯めよう

積立定期預金と定期預金の違い

積立定期預金は貯蓄の味方

積立定期預金の金利

積立定期預金の賢い活用法

積立定期預金のメリット・デメリット

 

© 2017 地方銀行で資産を増やす All Rights Reserved. | Design by PixelBuddha